INORI桜プロジェクト~誕生STORY

ある日の(一社)ちいさなありがとう基金の話し合いにて、

かつて小児病棟でちぎり絵創作活動をしていた頃の

現場の感動的な体験を仲間としていた時でした。

ちぎり絵をする場の強力なクリエイティブ作用。

感性が開かれる感動。

「ねえ!それいい!桜なんてどう?

桜のモチーフに平和への想いを乗せて、

日本中に桜の花を咲かせましょうよ!」

その案に私達は一つの希望を見出しました。

そして試行錯誤しながら一つ一つ課題をクリアし、

INORI桜プロジェクトが始まったのです。

同じ想いの仲間から仲間へ情熱の炎が伝播し、

今も突っ走っている。

なぜ、ずぶの素人である私達にそんな力が湧くのか

それは、小児病棟で触れ合った、

キラキラしたまなざしの中にある命の尊さ。

その命の尊さを絶対に守り伝えたい。

私たち大人が

今生きている日本で大切にしなきゃいけない事。

理屈でもない、常識でもない、

当たり前すぎて忘れてしまっている大事な命の輝き。

そして、その命に対する敬意。

一期一会の方々と集い、

無心で和紙をちぎっては糊で貼りながら

一本の桜の樹を創っていく

そこにはそれぞれの感じる世界、想いがある。

普段の生活では忘れ去られている

命の灯、優しさ、愛しさがある。

それを感じ入る心が眠っているはずだから。

世の中は経済優位で

便利を追求した果てのAI時代に突入。

そこに本当に愛はあるのかい?

自分本位な勝ち負けの法則に縛られていないかい?

AIにとって代われない、

尊き”無償の愛“を私達は持っているはず。

それを具現化しないでAIに任せるのは

本当にもったいなく、また危険な事でもあると思います。

この思考優位社会の中

時にはグルグル回る思考を止めて、

感性を思い切り発揮する場を愉しむ歓びを体験してください。

みんなの心に眠る愛の感性が開けば、

愛をベースとした平和な社会がきっと実現する。

私達はその想いを胸に、

満開の桜のモチーフにINORIを込め、

日本中にさわやかな風を起こしたいと思っています。

そうやって輝く私たち大人の姿を子どもたちに見せたい。

輝く私たち大人を見て

大人になる事はこんなに素敵な事だと

未来に希望をもって輝く子ども達の姿を私達も見たいのです。

目的

私達は『小さなありがとう基金』で目指す

・人間力の共育

・多様性の尊重

・自然との調和

の3つを実現する手段として、

『ちぎり絵プロジェクト』を立ち上げました。

すなわちそれは、見かけや肩書等のレッテルや、先入観で人を判断せず、

互いを尊重し受け入れ合う共生の場であり、感性を豊かにする最適の場の創造です。

和紙の魅力

和紙から心地よい手触りとあたたかさが伝わってくるのは、丁寧な工程を経て人の手により制作されたからこそではないでしょうか?ユネスコ無形文化遺産に認定された日本の伝統工芸のひとつである和紙ですが、現在の私たちにとっては日常生活から遠い存在になってしまっています。

今回のプロジェクトでは、その和紙を使ってちぎり絵を創作いたします。ちぎった時の何とも言えない感触も、また465色あると言われる日本の伝統色のその繊細かつ豊かな深みのある色合いも和紙の魅力であり、五感を刺激してくれるものです。

​それぞれの色合いの特徴を活かして創作を愉しみながら、情緒を豊かにしてくれる和紙によるちぎり絵で、和紙を身近に感じていただき、忘れていた感性の桃源郷を想い出していただけると幸いです。

ちぎり絵のすばらしさ

和紙の美しい色やぬくもりのある手触りを感じながら五感を研ぎ澄ませ、ちぎり絵を創作している時、我を忘れて無心になります。欲や我が消えた無心の状態はINORIそのもの。それは自分の奥深くに輝く純粋な心。美しいちぎり絵を表現しようとすることは、心の純粋さを表現することと同じといえるでしょう。

全ての意識をいまここ集中する作業は心身を癒してもくれます。

また、グループで一つの作品を創る場ではひとり一人の純粋さが融合し、さらに大きなINORIを生み出します。

一つの​作品を創り上げることで生まれる連帯感や達成感に心が満たされ大満足するでしょう。

Instagram は下記のアドレスから https://www.instagram.com/inorisakuraproject/

問合せ先:INORI桜プロジェクト事務局

​     info@inori-sakura.jp

    © 2019 ちいさなありがとう基金 INORI桜プロジェクト